とりからの巣(元ロメオタウン中央公園管理日誌)

オリジナルマンガと二次創作とコンビニスイーツの感想ブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マンガでわかる異世界冒険の書「書28」

マンガで冒険の書20017


マンガで冒険の書20018
マンガで冒険の書20019
マンガで冒険の書20020
今回のテーマは「Gペン」
付けペンの中でもマンガ用としてもっともメジャーなペン先だと言えます。
ゼブラのGペンと言えばマンガを描き始めた頃は一種の憧れの対象でした。
本物だ!みたいな感じだったんですよね。
いやタチカワのペン先でも本物なんですけどやはりゼブラは知名度が違うというか。
そういうボクはタチカワのペン先を使ってました。
ゼブラのペン先は固かったんですよ…
あまりに固くて針で描いてるようだと言われたとか。
その分細い線が描けるんですけど疲れますね。

漫画内では金属製のペン先が高級品になってますけど実際はそんな事はありません。
消耗品なのでたくさん使うからお金がかかる、という事はありますけど。
スクリーントーンに比べたら全然お安いです。
マンガは紙とペンがあれば描けるから安上がりってよく言う、とこのマンガの初期の方で書いた台詞はホントですよ?

ちなみにGペンの「G」の意味は実はよくわからないそうです。
諸説あるけど決定打に欠ける感じ。
なのでGEKIRINのGでも問題ありませんね!

マンガが面白かったらボタンを押してください。

スポンサーサイト



| マンガでわかる異世界冒険の書 | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lomeotown.blog.fc2.com/tb.php/863-e8c3aa0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT